店舗型ヘルス求人の特徴とは

店舗型ファッションヘルスの勤務時間は安定している

働くお店を探す場合、風俗業界に限らず「働く時間」というのが気になるものです。夜勤があるのか?休日はどんな感じで取れるのか?などなど、プライベートな時間にも関係してくるので、気になるのは当たり前のことです。
さて、店舗型ファッションヘルスの場合はどうでしょうか?後述しますが、意外と働く時間は安定しています。
よって安心して働くことができるのは大きなメリットとなるのではないでしょうか。朝もお店によりますが、比較的ゆっくりしているので、朝が弱い方は天職になる可能性も。ともあれ、忙しい時期は地獄をみる可能性はありますが安定している職業だといえます(地獄を見るのはどの業界も同じなのでいうなれば一般企業と変わらないということ!?)。
ともあれ、以下より店舗型ファッションヘルスの勤務時間のあれこれについて記載していきます。

◆夜は遅いものの安定した時間で働ける
多くの店舗型ファッションヘルスの業務時間は12:00~0:00ぐらいとなっています。特に終了時間はこぞって0:00です。したがって、デリヘル店のように24時間営業ではないため、比較的、安定した勤務時間で働くことができます。
遅くても、1:00ぐらいには終了することができます。その後、送迎がある場合はもう少し長くなってしまいますが。
ともあれ、間違いなくデリヘル店と比べて生活のリズムは作りやすいのは大きなメリットと言えます。

◆基本年中無休のお店だけどしっかりと休みは貰える
こちらもデリヘル店と違い、誰かお店に男性スタッフがいればよいので、比較的休みが取りやすい状況になっています。
もちろん、繁盛期には休めないですが、これはどこの世界も一緒だと思います。それと同じ状況だということです。
また、大規模なグループ店にもなると、従業員のこともしっかりと見てくれているので、安心して働けるように努力をしています。その一環としてしっかりと休みが貰えるような仕組みになっているので、念を押したい場合はこのような大規模なグループ店を選ぶと良いかと思います。

◆稼ぎたいのであれば出勤し放題!?
基本的に休みは申告制なので、もし稼ぎたいのであればとにかく出勤し続けることが可能です。体力的にきつい部分はあるものの、比較的に平日の昼間は暇なのでゆっくりと仕事ができます。ここで、体力を回復しつつというイメージで働けるので意外と疲れずにやっていけるものです。ただ、夜は忙しくなるので疲れることは間違いありません。

 

店舗型ファッションヘルスには意外に少ない店長候補!?

「店長」と聞くと何だか儲かっている感じの響きがしますが、今の世の中なかなか難しいものです。例えば、コンビニエンスストアの店長は、日々「利益」を上げるために躍起になって工夫をしていたり、世界に店舗がある某ハンバーガー店の店長はサービス残業の問題が噴出しブラック企業と揶揄されたりと厳しい立場の人間ともいえます。もちろん、店長と一言でいっても実にさまざまな店長がいることは事実。実際に大儲けしている店長もいるはずです。さて、店舗型ファッションヘルスでも求人情報を見てみると「店長候補募集」という文字を見ることができます。しかし、最近ではデリヘル店の勢いが凄いため店長候補の募集はそちらに流れている傾向があります。この流れから店舗型の店長候補の募集は少なくなっている傾向が強くなってきたようです。ともあれ、それでも募集されていることがあるので、以下よりはこの店長候補についていろいろと記載していきたいと思います。

◆新しく開店できない理由がある
法律の関係上、新しく店舗型ファッションヘルスのような風俗店を開店できない状況になっています。「新しく」という意味は新たな場所に開店することができないという意味です。要は、今まで店舗型ファッションヘルスがあった場所に、リニューアルオープンや、潰れてしまったお店の後釜として入ることは可能となっています。よって、新しくお店を構えたいのであれば今あるお店が撤退するのを待つしかないのです。このような状況から店長候補を望む求人がデリヘル店と比べると圧倒的に少ないのです。

◆リニューアルオープン時が狙い目?
よって、店長になりたいのであれば「リニューアルオープン」などをするようなお店になります。リニューアルオープンをする理由はさまざまですが、1つの理由として、前任の店長が辞めてしまったなどが挙げられます。ここを狙うわけですね。
意外と好き勝手にやらせてくれるため、あなたの性癖をコンセプトとしたお店にすることも夢ではありません。

◆グループ店の場合の店長の立場は厳しい?
ただ注意したいのは、見出しにあるようにグループ店のようなお店の店長は「上納金」が必要となるため、店長と言う立場はなかなか厳しいものになります。この辺りの覚悟があればやっていけますが、本当に厳しい世界だということを実感するかもしれません。
それほど、お店によっては厳しい場合があります。ただ、ここで成功をすればバラ色の人生が待っている可能性も否定できません。

ちなみに女性向けの求人サイトのなかには、風俗求人15navi.comのように男性向けの求人が載っているサイトもあるので、店舗型だけでなく派遣型も視野に入れながら探してみてください。

 

大手グループ店であれば幹部候補も選択肢の1つ

上場している企業など大手と呼ばれる会社で幹部と言うとかなり「高ステータス」な世界に思えます。確かにその通りであり、幹部ともなると通常のサラリーマンでは考えられないほどの給与を貰っている方々も見えます。その分、精神的な負担や、会社の行く末を決める決断などをしないといけな場面もあり、責任が重大なポジションというわけです。
よって、誰でも簡単になれてしまうと、いろいろな問題点が出てしまうわけです。さて、この幹部ということば。
風俗業界の求人情報をなどを探している「幹部候補を募集中」というような文言を見るときがあります。もちろん、一般企業と同様で高いポジションになる仕事、およびステータスになります。大手グループ店での幹部候補についてのあれこれを以下より記載していきたいと思います。将来的にお店を経営したいなどの思惑がある方にはぴったりかもしれませんね。ともあれ、興味がある方は以下のご一読を!

◆幹部候補も狙い目の1つ?
幹部と言えば、単純にお偉いさんではあります。店舗型ファッションヘルスを含め風俗業界というのは慢性的な人手不足に悩まされています。これは女性スタッフに限った話ではないのです。男性も風俗業界で働くことは、やはり後ろめたさがどうしてもあるので、なかなか取っつこうとしない業種なのです。よって、幹部候補として迎え入れて、よい業績を出せば、お偉いさんの椅子を挙げますよということで、何とか男性スタッフを確保しようとするわけです。現に、人気店の幹部は、それなりの給与が望めるため、意外と狙い目のポジションと言えることができます。

◆デリヘル系に転身があるかも?
店舗型ファッションヘルスがある程度軌道に乗っていると、さらなる利益を上げようと新しいお店を構えようとするのは自然な流れです。しかし、昨今の日本では店舗型のオープンは条件が厳しいため比較的簡単に起業ができるデリヘル店のオープンを選択することが多いです。幹部候補と入ったあなたに「デリヘル店を任す」という形になる可能性もあります。
なかなか、このようなサクセスストーリーはないものの事実としてある話なので夢はありますよね。
デリヘルは店舗数も多いので、お店を探すコツとしては人気のあるグループ店で勢いのあるところを選ぶことです。たとえばデリヘル情報delimedia.jpではグループ別での検索もできますので、その中から女の子の質や人数で繁盛していそうなところを探してみてください。

◆辞めたいときに辞められないデメリットも
ただ、お偉いさんになると困るのが、この辞めたいときに辞められない。ということです。お店を閉めるとなると下手をすると路頭に迷ってしまう方も見えるかもしれません。要は責任が重いポジションのため辞めづらいのは言うまでもありません。

Author: admings on 2013年7月25日
Category: